胸を大きくするための寝る時の姿勢

 

絶対に胸を大きくしたいという方は、寝る時の姿勢も大切となってきます。
寝るときの姿勢を気にするという方はあまりいないと思います。

 

ここではどのような姿勢で寝るのがいいのか、胸を大きくするためにはどのような姿勢で寝るのがいいのかを書いていきます。

 

 

どんな姿勢で寝るのが悪いのか

 

胸を大きくするためにしてはいけない寝る時の姿勢があります。それはうつ伏せで寝ることです。

 

なぜうつ伏せで寝るのがいけないのかというと、胸に体重がかかってしまうからです。

 

胸に体重がかかってしまうことで、胸がつぶれてしまうことになります。
ですがうつ伏せで寝るほうが落ち着くという方もいると思います。

 

ですが5分や10分ぐらいのうつ伏せ体勢だったら、あまり気にする必要はありません。

 

いけないのは、うつぶせのままの姿勢で寝てしまうことです。

 

たとえば1日の睡眠が8時間だとするなら1日の3分の1は、胸を潰している状態ということになります。

 

これを毎日続けていると、必ずバストが潰れてしまうでしょう。

 

また、胸に体重がかかりバストが潰れてしまうということは、胸の形も変なふうに変形していくことになります。

 

たとえ胸を大きくするためにバストマッサージを毎日行なっていたとしても、寝るときに8時間も胸を潰した状態にしておけば、マッサージの効果は全く無くなるでしょう。

 

なので、うつ伏せで寝るということは悪い事しかないということを肝に銘じておきましょう。

 

 

どんな姿勢で寝たらいいのか

 

では、逆にどのような姿勢で寝るのが胸を大きくするのに効果的なのでしょうか。

 

それは、うつ伏せとは正反対の仰向けで寝ることです。
仰向けで寝ることによって、バストが潰れることはありません。

 

しかし、仰向けで寝ることによって胸が左右に移動したりして垂れる可能性が出てきます。

 

それを防止するために、ナイトブラをつけて寝ることをオススメします。
ナイトブラではなく、普通のブラジャーをつけて寝てはいけません。

 

普通のブラジャーというものは、締め付けるだけのものなので血行を悪くしてしまうこととなり、胸を大きくすることを妨害してしまうことになります。

 

胸を大きくしたいのであれば、必ずナイトブラをつけて仰向けで寝るようにしましょう。

今話題のバストアップ商品をランキング形式でご紹介しています!

胸を大きくする方法おすすめサプリとナイトブラ

胸を大きくする方法を解説。今すぐチェック!